つるやハニー|白山市の和菓子・洋菓子の製造販売 鶴屋仁三郎

鶴屋仁三郎のお菓子は、地元白山麓の材料を使い、素朴であたたかい、懐かしい味です。

鶴屋仁三郎のお菓子は白山麓の心をお届けします。代表菓子「獅子吼の月」や「くるみ餅」をはじめ、つるやハニーで作られるお菓子は素材の良さが生きたどこか懐かしい味。和菓子、洋菓子はもちろん、地元の素材でしか作れないお菓子もございます。お茶のおともに、ご贈答に、鶴屋仁三郎のお菓子をどうぞご利用ください。

TOPお菓子話

お菓子話

杣小町

だんだん温度もあがり、もうすぐ春!そんな春のイメージにふさわしい、清純なお嬢さんをモチーフにしたお菓子があります。

「杣小町」なんて読む?

これどう読むの?とよく聞かれます。みなさんはお分かりですか?

由来とこだわり

杣小町の由来

杣小町と書いて「そまこまち」と読みます。
そしてそうお答えすると次によく「どういう意味?」と聞かれます。あまりこのような言葉を使う機会も少ないので無理もありません。
杣小町は2つの言葉が組み合わさっています。
ひとつは「杣」。百人一首でも聞いたことがあるかもしれませんが、ここでは簡単に言うとハイカラなという意味です。
もうひとつは「小町」。これはお分かりの方も多いかもしれませんが、可愛い娘さんということ。組み合わせると「ハイカラな娘さん」という意味です。

お菓子・包装のこだわり

これを製造した当初は、まだ今ほどお洒落なお菓子もまだまだの頃。
クルミ味噌餡で素朴さを取り入れながらも、バター生地で包むみホイル焼きする、当時としてモダンな感じを表現したお菓子です。
そして包装は清純な娘さんを想像させる淡いピンクの着物をイメージしたものです。
小豆餡と違い、くるみと白味噌をとじたこのお菓子は、優しい味わいです。

杣小町の詳細は下記ボタンよりご覧いただけます。
商品詳細へ

商品は全国どこでも発送可能です。お気軽にお申し付けください。
※一部発送不可の商品もございます。詳しくはお問い合わせください。

ページトップへ